新着情報

髪の毛の日焼け止めってどうしたらよい?ダメージは受けるの?

 

髪も肌と同じように日焼けをします。

髪が日焼けをして紫外線を浴びると、髪がきしんだり、

傷んで切れてしまったり不具合を起こします。

髪の日焼け止めはどのように防いで、ケアをしたらよいのでしょうか。

 

 

まずは日傘や帽子で浴びないようにする

肌と同じように髪が日焼けをしない為には、日傘や帽子で紫外線自体を避けることが大切です。

紫外線予防効果の高い日傘を使ったり、通気性ある帽子を使えば暑さもあまり気になりません。

紫外線は夏だけでなく、冬でもずっと一定量は出ています。

日傘を使えなくても、ニット帽や冬向けの帽子をつかって、紫外線を予防することができます。

日焼け止め成分の入ったパーカーなどもありますので、

フード付きを選べば顔周りの日焼けは予防することもできます。

ただし100%の効果はありませんので、

その上に日焼け止めなどの対策をとった方がより効果的になります。

 

 


髪専用の日焼け止めを使う

肌と同じように髪にも日焼け止めの商品が売っています。

spf50やpa++++の数値を高いものを使えば、それだけ日焼け止め効果は高まります。

日焼け止めは、外出先でも使いやすいスプレータイプや、

髪に直接塗るオイルやミルク成分があります。

日焼け止めの成分は一日中ずっと続くわけでなく、時間の経過とともに効果が弱まっていきます。

そのため塗りなおしがしやすいスプレータイプはオススメです。

また、オイルやミルクタイプは、髪に直接塗ることができますので、

同時に保湿ができて、きしみや切れ毛を予防できると考えられます。

自分の髪の状態と照らし合わせながら使っていけるとよいです。

日焼け止めを肌に使う人は多いですが、一緒に髪のケアをして行けると毎日忘れないで済みます。

 

 


美容院でケアをする

知らず知らずのうちに紫外線を浴びていたり、毎日のケアを怠っていると、

やがて髪自体に不具合が起こるようになってきます。

枝毛や切れ毛、きしみやごわつきなど、ツヤが無くなって傷んだ状態です。

強い直射日光は地肌も一緒に傷めますので、

健康な髪にも栄養が行きわたりにくく、抜け毛の原因にもなります。

できればこのような状態になる前に、美容室で定期的なケアをしてみるのもおすすめです。

美容室には業務用のトリートメントや、ヘットスパなどがあるため、

髪に直接栄養を入れることが可能です。

髪に栄養や美容成分を入れるためには、地肌や髪が清潔であることも大切です。

汚れているとうまく浸透しないからです。

そのため、シャンプーも一緒にしてもらえる美容院では、より効果的といえます。

また、自宅でもある程度ケアをすることはできますが、

髪のプロに任せて適切な処置をしてもらったほうが、回復が早くなるとも言えます。

同時にカウンセリングなどもしてもらえますので、

髪が傷んだのなら自宅でのケア方法を一緒に相談してみてもよいです。

ドライヤーを長時間使わないことや、カラーリングやパーマをしないことで、

これ以上の傷みは予防することができます。

 

 

今回は、髪の日焼け止めはどのように防いで、ケアをしたらよいのかをご紹介しました。

髪の毛は毛周期によって生まれ変わりますが、一度抜けて生え変わるまでに時間がかかります。

あまりにも抜け毛が激しい状態になると、薄毛になってきますので、

そうなる前にケアをしていきたいところです。

髪の日焼け止めも大切ですが、健康な髪に生え変わるためにも、

同時に地肌も大切にした方が良いです。

自己防衛をするために、日傘や帽子を使って、自宅でできる日焼け止めを使います。

それでも補えないときは、美容院などで専門のケアを受けたほうが良いです。

同時にカウンセリングもしてもらえますので、髪の悩みの解決にも近づきやすくなります。

 

福井市でヘッドスパからまつエク・脱毛のことならHAIR & CARE Blastにお任せください。


店舗名:HAIR & CARE Blast

住所:〒918-8005 福井県福井市みのり2-20-11

TEL/FAX:0776-33-3040

営業時間 :月・水・金・土 9:00~19:00、木 12:00~22:00、日・祝 9:00~17:00
定休日:火曜日

業務内容:ヘアサロン・まつエク・ヘッドスパ・脱毛

pagetop