新着情報

マツエクのコーティング剤とはどんなもの?どうやってするの?


 

自分のまつげに専用のエクステを付けるまつげエクステが、

気軽にできる美容方法として多く普及しています。

マツエクには自宅でもケアできるコーティング剤があります。

マツエクのコーティング剤とはどのようなもので、どうやってするものでしょうか。

 

 

マツエクのコーティング剤とは

サロンで付けてもらったマツエクは、

専用の接着剤で自分のまつげに付けているだけですので、

時間の経過とともにやがて取れていきます。

その施術でつけてもらったマツエクを保護するために

自宅でできる方法がコーティング剤をつかうことです。

コーティング剤には、自分のまつげと接着している部分を補強してくれたり、

まつげとマツエクを保護するために美容液成分が入っていたり、

自分のまつげとエクステの傷みを保護しながら、コーティングしてくれます。

つけたばかりのマツエクは取れにくいのですが、

付けている間に擦ってしまったり、汗や涙で汚れていきます。

そのためにどうしてもマツエクはだんだん取れてしまう傾向にあり、

扱い方が雑な人は取れてしまうのも早いです。

このようにならないために、自宅でマツエクを長持ちさせるためのケア方法として、

マツエクのコーティングを行います。

 

 


マツエクのコーティング剤の使用方法

マツエクのコーティング剤は多くはマスカラタイプになっていて、

ブラシでまつげとマツエクに付けていきます。

ブラシタイプですので、外出先での化粧直しのときも簡単に使いやすくなっています。

イメージ的には透明のマスカラや、まつげ美容液の感覚に近く、

色が入っていないものならそれをつけて目立つようなこともありません。

まつげはとても細く、細かい部分に生えています。

より丁寧にお手入れをしたいと考えているのなら、

ブラシが細いタイプか毛並みが細かいものを選ぶとまつげとマツエクに塗りやすくなります。

塗った後は、ブラシは汚れていますので、必ず汚れを拭いた後ブラシをボトルに戻します。

汚れをボトルの中に入れないことで、きれいなままずっと使用できるようになります。

 

 


マツエクのコーティング剤の意味

まつげは、ビューラーやマスカラ、

まつげパーマ、エクステなどおしゃれの方法が多様となっています。

すべて本来の自分のまつげがしっかりしていないと施術はうまくいきません。

そのために自分のまつげは守っていかないと、

いずれ傷んだまつげは自分の髪の毛のように細くなってしまったり抜けていきます。

そのようなことが起こらない為にも日頃からまつげのケアに気を付けておくのが良いです。

マツエクのコーティング剤は、マツエクの効果を持続する為が大前提ですが、

まつげ自体を保護する意味でも大切な効果を発揮します。

マツエクをメイクオフして、全部なくなった時、自分のまつげのみになります。

その時に、ちりちりになっていたり切れ毛ばかりになっている状況は避けないといけません。

マツエクを外した後の自分のまつげがなるべくきれいな状態でいたいなら、

コーティング剤は積極的に使ってまつげの美容を心がけたほうが良いです。

 

 

まとめ

今回は、マツエクのコーティング剤とはどのようなものなのか、

どのように使用するのかについてご紹介しました。

マツエクのコーティング剤はマスカラタイプのブラシが使いやすいです。

持ち歩きやすく、毎日のお手入れや外出先でも簡単に使うことができるようになっています。

コーティング剤はマツエクを保護するために使用することがきっかけですが、

自分のまつげを守るための美容液としての大切な役割を果たしてくれます。

マツエクが取れるきっかけは摩擦や汚れなども多く自分のまつげも一緒に傷つきます。

マツエクと自分のまつげを守るために、

まつげのコーティング剤はぜひ取り入れたいまつげエクステのケア方法です。

 

福井市でヘッドスパからまつエク・脱毛のことならHAIR & CARE Blastにお任せください。


店舗名:HAIR & CARE Blast

住所:〒918-8005 福井県福井市みのり2-20-11

TEL/FAX:0776-33-3040

営業時間 :月・水・金・土 9:00~19:00、木 12:00~22:00、日・祝 9:00~17:00
定休日:火曜日

業務内容:ヘアサロン・まつエク・ヘッドスパ・脱毛

pagetop