新着情報

洗い流さないトリートメントの使い方①


 

リンスは髪の表面をコーティングするのに対して、

トリートメントは髪の内部から栄養と潤いを与えてくれて美髪に導いてくれます。

トリートメントには髪に塗布してしばらく時間が経ってから洗い流すタイプと、

髪につけてそのまま洗い流さないタイプのトリートメントがあります。

どちらを使うかは好みですが、ヘアケアの時短や効果の高さを比べてみると

洗い流さないトリートメントのほうが忙しい女性のヘアケアの強い味方になってくれるのです。

今回は、洗い流さないトリートメントの効果と、その上手な使い方について紹介していきます!

 

洗い流さないトリートメントのメリットと効果

トリートメントは、髪の内部に浸透してダメージを補修してくれる役割があります。

洗い流す、洗い流さないトリートメントの両方にも同じ役割があるのですが、

両者の違い、洗い流さないトリートメントのメリットや効果を詳しくご紹介します。

 

洗い流さないトリートメントでヘアケア時間を短縮

洗い流すトリートメントを使用した時は、

トリートメントをつけているときに有効成分が髪の内部に浸透していきます。

洗い流すトリートメントには以下のデメリットがあります。

 

・一定時間つけないと効果がない

洗い流すトリートメントは髪の内部に浸透するまで少し時間がかかります。

トリートメントの塗布時間は商品によっても異なりますが、最低でも10分以上は置く必要があり、

少しの時間しかつけておかないと、内部にまで浸透せず補修力が弱くなってしまいます。

 

・すすぎ残しがあるとダメージに

洗い流すトリートメントはしっかりとすすがないと、

それが頭皮に残って髪の毛にダメージを与える原因になってしまいます。

洗い流すトリートメントを使用した場合、トリートメントを塗布する、時間を置く、

そしてすすぐという工程を考えると最低でも20分~30分の時間が必要です。

一方で洗い流さないトリートメントなら

シャンプーしてタオルドライ後、髪に塗布するだけなので、

所要時間たったの数分程度でヘアケアが完了します。

しかもガスや水道代の節約になりますのでエコにもなりますね。

 

浸透力が長く続く、高い補修効果

洗い流すトリートメントの補修効果が続くのは、髪の毛に塗布している時だけです。

一方で、洗い流さないトリートメントは付けている間ずっと補修効果が続きます。

寝る前につければ、一晩中補修効果が持続し、翌朝の髪の毛をつややかにしてくれます。

洗い流さないトリートメントは一晩中、そして日中の時間帯も補修効果をキープできるのです。

夜はダメージ補修、日中は紫外線やドライヤーの熱から大切な髪の毛を守ってくれます。

 

 

洗い流さないトリートメントの種類と選び方

ドラッグストアをのぞいてみると

棚いっぱいに種類豊富な洗い流さないトリートメントが並んでいるため、

どれを使っていいのか迷ってしまいますよね。

そこで洗い流さないトリートメント選びの参考に

種類と、上手な選び方について解説していきます。

 

洗い流さないトリートメントの種類

洗い流さないトリートメントの種類は以下の通りになります。

 

・オイルタイプ

椿油、あんず油、オリーブオイル、アルガンオイルなど

植物性のオイルを原料とした商品が多く見られます。

 

・ミルク、ジェルタイプ

ミルクタイプは、毛髪の補修効果がある成分を配合しているものが多く、

カラーやパーマなどでダメージした髪におすすめです

ジェルタイプは、油分が多いものと水分が多いものがあります。

スタイリング剤感覚で使用することがおすすめです。

 

・クリームタイプ

ミルクやジェルよりも濃厚で、しっとりとした使い心地です。

 

・ウォータータイプ

トリートメントだけでなく寝癖直しとしても使用可能です。

スプレータイプだと髪全体に潤いを届けやすいです。

 

 

次回は、今回の内容に引き続き

洗い流さないトリートメントの上手な選び方、使い方について紹介します!

福井市でヘッドスパからまつエク・脱毛のことならHAIR & CARE Blastにお任せください。


店舗名:HAIR & CARE Blast

住所:〒918-8005 福井県福井市みのり2-20-11

TEL/FAX:0776-33-3040

営業時間 :月・水・金・土 9:00~19:00、木 12:00~22:00、日・祝 9:00~17:00
定休日:火曜日

業務内容:ヘアサロン・まつエク・ヘッドスパ・脱毛

pagetop