新着情報

つや髪を作るための食事や栄養素について


 

つやのある生き生きとした髪に憧れる方は多いのではないでしょうか。

今回は、つや髪を育てるために必要な栄養素や食べ物ついてご紹介します。

 

 

髪に必要な栄養素

タンパク質

髪の毛は実は皮膚の一部で、90%はケラチンというタンパク質で形成されています!

このケラチンは、メチオニンという必須アミノ酸でできており、

必須アミノ酸は体内で合成することはできないため、食事から摂取する必要があります。

 

上質な脂肪

脂肪はタンパク質と並び、体内の細胞を構成するために大事な栄養素となります。

特に、青魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)や、

DHA(ドコサヘキサエン酸)などの脂肪酸を摂取すると、

血液がサラサラになり、血流が良くなるといわれているのです。

また、しそ油やえごま油などに含まれるオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)も髪にとって大切な栄養素です!

オメガ脂肪酸に該当するαリノレン酸は、食事でしか摂取できず、体内の酵素によってEPADHAに変化するので、

青魚が苦手な人は、これらの植物油を積極的に摂取することをおすすめします。

 

各種ビタミン

・ビタミンA

ビタミンAは脂溶性ビタミンといわれる、油に溶けるビタミンのことです。

ビタミンAには、緑黄色野菜などの植物性食品に含まれるカロテンと、

レバーなどの動物性食品に含まれるレチノールの2種類があります!

肌を若返らせる働きがあるので、皮膚と同じ髪の毛にも良い栄養素といえますよ。

さらに、免疫力の向上などの働きもあるのです。

ただし、レチノールを摂りすぎると、頭痛や吐き気などの症状がでるので、

サプリメントなどで摂取するには注意が必要となります。

 

・ビタミンB6

ビタミンB6は水に溶ける水溶性ビタミンのことです。

脂質とタンパク質からエネルギーを作り出す際に必要で、特に、タンパク質の代謝と関わりが深いビタミンとなります。

ビタミンB6がアミノ酸を体内に供給することで、皮膚の新陳代謝が活発になり、

はり・つや・潤いのある若々しい肌を維持できるのです。

そのため、髪の毛の健康にも良いビタミンといえます!

 

・ビタミンU

ビタミンUも水に溶ける水溶性ビタミン作用物質の一つで、

構造変化によってアミノ酸の一種であるメチオニンを作りだすことができます!

メチオニンは髪の毛の構成タンパクであるケラチンの原料なので、髪にとって大切な成分となります。

 

ミネラル

・亜鉛

亜鉛はタンパク質の代謝を促します!

皮膚や髪は新陳代謝が速いため、亜鉛を積極的に摂ると、美しい髪や肌につながりますよ。

 

・(水溶性)ケイ素

英名の『シリカ』という名称でも有名となっています。

ケイ素は人体の構成に欠かせないミネラルで骨や歯、筋肉、皮膚、毛髪、爪の健康に必要です!

一説にはデトックス効果もあるのではないかといわれており、

鉱物性と植物性の2種類が存在しますが、どちらもサプリメントで容易に摂取できますよ。

 

 

髪に良い食べ物

青魚

髪に良いとされるタンパク質、ミネラル、ビタミン、EPADHAなどを含んでいるので、

積極的に食べることをおすすめします。

熱処理によりEPADHAは消失しやすいため、お刺身など生での摂取が理想です!

アレルギーをお持ちの方や、魚が苦手な方もいるので、可能な範囲で積極的に食事のメニューに取り入れると良いでしょう。

 

レバー

レバーにはタンパク質、ビタミンB6、ビタミンA(レチノール)、亜鉛が豊富です!

牛、豚どちらのレバーでも、これらの栄養が豊富となります。

 

玄米

玄米にはケイ素を含むミネラルやビタミン類が豊富に含まれているため、白米より玄米を食べる方が健康に良いといえます!

白米はミネラルやビタミン類が少ない割に糖質が非常に高いため、白米から玄米に変えることをおすすめします。

玄米が苦手な人は、白米と混ぜて食べると良いですよ。

福井市でヘッドスパからまつエク・脱毛のことならHAIR & CARE Blastにお任せください。


店舗名:HAIR & CARE Blast

住所:〒918-8005 福井県福井市みのり2-20-11

TEL/FAX:0776-33-3040

営業時間 :月・水・金・土 9:00~19:00、木 12:00~22:00、日・祝 9:00~17:00
定休日:火曜日

業務内容:ヘアサロン・まつエク・ヘッドスパ・脱毛

pagetop